訪問看護リハビリステーションはる
  の看護サービスとは


わたしたちの想い

  我が国は、世界に類を見ないスピードで超高齢社会に向かっており、「施設中心の医療・介護から、可能な限り、住み慣れた生活の場において必要な医療・介護サービスが受けられ、安心して自分らしい生活を実現できる社会を目指す」ことを掲げています。
  介護保険制度開始から十数年が経過し、在宅支援体制は徐々に整ってきました。しかし、サービス提供数は依然不足しており、「自分らしい生活」を実現するためには、サービスの質も足りないと感じています。
  私たちは、これまで看護師、理学療法士、作業療法士、言語聴覚士として看護、リハビリテーションの仕事に携わり、生活とはすなわち「暮らし」であり、「暮らし」が大切であることを学びました。「自分らしい暮らし」を実現するためには、チームで支援する地域総合力が欠かせません。
  私たち「訪問看護リハビリステーションはる」は、「自分らしい暮らし」を実現するため、看護師、理学療法士、作業療法士、言語聴覚士が地域と連携し、チームの一員として貢献できるよう努めてまいります。


株式会社リハテン 代表取締役 二出川 龍